リスクを考える | きれいな肌を保つため脱毛器やエステサロンを利用ーツル肌快適ライフ

きれいな肌を保つため脱毛器やエステサロンを利用ーツル肌快適ライフ

綺麗な肌にするために様々な方法を知る

リスクを考える

中絶を選択する場合のリスクについて

望まない妊娠をした場合の選択肢の1つに、「中絶」という方法がありますが、女性の心と体に負担を掛ける事になり、中絶を繰り返していると、結婚して「子供が欲しい」と望んでも出来にくくなる場合があります。さらに胎児の大切な命を奪う事になるので、パートナーともよく相談してから決断しなければなりません。 母体健康法によって中絶が認められているケースは「母体上の健康上の理由や経済上の理由がある場合」または「レイプ被害などにより妊娠した場合」と定められています。出来れば結婚をしてお子様を育てていくのがベストですが、どうしても難しい場合は21週6日までに手術を受けないとなりません。週数が短いほうが体に負担がかかりにくいので早めに医療機関で相談します。

中絶という選択をしないためには

「もし妊娠したら、結婚して子供をきちんと育てる」という考えがあるならいいですが、「中絶」という悲しい選択をしないためには、複数の方法で避妊をしなければなりません。そのためにはパートナーと話し合い、中絶をするとどんなリスクが伴うかについて知っておかなければなりません。 手術の手順や費用関連などの詳細は決断をした際に医師に教えていただけますが、12週以降は死産扱いとなり、埋葬許可証をもらう必要があります。母体で胎児が育たないなどといったやむを得ない理由によって死産を受け入れなければいけない場合もありますが、人工的な手術によって悲しい結末を迎えないように普段から「人の命」についてきちんと考えなければなりません。